mainimg

移転先の住居がフレッツ光しか契約していませんでした。

家を移ったら、移転先の住居がフレッツ光しか契約していませんでした。
今までの間使ったいた通信会社を切り替えることなく行使したかったのですが、それ以外に選択肢がなく、契約書を取り交わしました。
月ごとのことなので今までの倍の料金の負担が重いです。
我が家は、くしくもwimaxのエリア外です。
wimaxは外でも使えるし、動画を試写するのにも問題なく操作できる速度なので、極力申し込みたいのです。
移転する予定はないため、近い将来、エリアが広がってくれることを強く希望しています。
プロバイダの料金がお手ごろ価格になるといわれて、今のプロバイダに乗り換えをしたのですが、間違いだったと思っています。
確かに、値段はかなりサイフに優しい価格でした。しかし、しばしばネットにつながらなくなってしまったり、回線速度が低下してしまったりで、前のプロバイダの方がはるかに良かったのです。
よく考えずにプロバイダ変更してしまったと、悔やむ気持ちです。
フレッツwi-fiが繋がらない際は、一度全機器の電源を消してみてはじめから接続をやり直してみるといいと思います。それでも接続ができない場合には、初期設定をひとつひとつ見直してみましょう。
カスタマーセンターに問い合わせすれば分かりやすく説明してくれますが、電話があまり繋がらないのが玉にキズです。
wimaxの通信出来るサービスエリアですが、以前との比較をしましても利用エリアの拡大を図っており、主要都市での安定利用が出来る様になりました。地方の地域の場合、今いる街から離れてしまうとまだまだ受信できない場所があるようですが、行動の範囲が都市の中心であれば間違いなくお使い頂けると思います。PCやタブレットなどの端末インターネットに接続するためのWi-Fiルーターにスマートフォンを使用することをIT用語でテザリングといいます。
ヤフーのモバイルであるMVNOでは、ソフトバンクと同しようにただでテザリングオプションを使うことができます。しかし、使用時にはデータ通信量の月間契約値を超過しないように気をつけることが必要になります。
プロバイダを選ぶ場合には事前にその評判を確かめておくのがより確実です。
プロバイダを選択する上で大切なのは接続の時に安定しているか、速度が安定しているかといったことですから、しっかりと確かめて下さい。
地域によっても差がありますので、自身の住む地域の情報も確かめておくと良いです。ひと月ごとに請求される光の金額は所定の金額を差し引かれているため、殆ど、意識することがないかもしれませんが、携帯などの料金と合わせて考えると、毎月馬鹿にできないほどの金額を通信コストとして支払っています。
複数の選択肢の中から少しでも安い料金プランで契約の申し込みをしたいものです。

コメントは受け付けていません。

«

»

▲Pagetop